Priori4の印象

 Priori4をちょっと使って見た。前に購入したPriori3と比べると、画質も良くなっているし、画面も綺麗だが、やはりそこは格安Freetelスマホ。タッチの感覚はiPhoneほどは良くない。ちょっと強めにタッチしないと反応してくれない。ディスプレイのナイトモードなどもないし、指紋認証もないので、やはりiPhone7と比べること自体が間違いだ。

 しかし、15000円のスマホだ。そう考えると、十分だと思う。Webを見ていてもスクロールの反応は悪くない。ちょっとひっかかるところもあるけれど、そこは許容範囲だ。何と言っても気分でバックカバーの色を変えられるはいい。陳腐な喜びかもしれないけれど、でもそれがいいのだ。

 iPhone7がステーキハウスで食べるフィレステーキだとすれば、Priori4は吉野家の牛丼だ。絶対的な立ち位置は違うけれど、それぞれの立ち位置を考えれば、美味しく、また、使い勝手もいい。アンドロイドで遊びたいとか、海外で使って、壊れても盗まれてもいいという考えなら、Priori4は十分ありだと思う。

 15年くらい前だと数台のパソコンを使って遊んでいたけれど、今はそれがスマホになり、タブレットになった。それぞれの特性を生かして、使いこなし、またあれこれと、アプリやら使い勝手を試して見る。パソコンほどには場所も取らないし、全てをポケットに入れ込んで持ち運ぶこともできる。

 ガジェット遊びは尽きることがない。

f:id:msasaki0418:20170202180743j:image

1500円携帯

 久しぶりに無駄遣いをしてしまった。必要性は低いのに、おもちゃとしてやっぱり弄りたい。私にはそれがガジェットだ。

  今回は楽天のポイントがあり、その中に期間限定のものもあったので、使わなければと思っていたのだが、ふと頭をよぎったのはfreetelのPriori4というスマホ。定価で買うと15000円くらいのものだ。海外で盗まれてもいいようのスマホとしてならあってもいい。一昨年同じモティベーションで購入したPriori3は遊びで弄っているうちにSIMスロットを壊してしまったので、その代替えという意味もある。

  そして、色々と迷った挙句にポチッとしてしまったというわけ。ほとんどをポイントで支払ったので、自己負担は1500円。さて、これから弄って遊ぶことにしますか。

f:id:msasaki0418:20170201051602j:image

Remove all ads

LINEモバイルという手か?

 昨日契約して来たFreetelのsimは特に問題なく使えている。通信速度も確かにソフトバンクよりは若干遅い気はするが、かといって、ストレスがたまるほどではない。私の使い方だとテキストベースだから、速度についての差を感じないのかもしれない。

 昨日も書いたけれど、格安SIMの欠点はLINEで年齢認証ができないこと。これができないとLINEで検索機能が使えない。逃げ道としてはまずSIMフリースマホに切り替えて、ここに従来のキャリアのSIMを入れて、LINEを使えるようにしてから格安SIMに入れ替えればいいと思うのだが、これもやって見ないと、本当にできるかどうかわからない。怖いのは、何らかの初期化が必要になって、LINEの年齢認証が必要になった場合。そうなると、検索機能を使わない私は問題ないけれど、LINEを多用する家族には問題が出てくる懸念がある。

 そうなると、格安でLINEの年齢認証が唯一できるLINEモバイルという選択肢が、突如最有力候補に上がってくる。LINE, Twitter, Facebookの使用なら、データ通信はカウントされないというのが売りだ。となると、料金分もデータが最小の3Gで十分だし、LINEでの通話もできてしまうのだから、電話料金も抑えられる。電話の定額かけ放題はないが、楽天でんわなどのアプリを使えば通話料金は半分に抑えられるし、そもそも定額にする必要性がなくなってくる。

 さて、さて、我が家の格安SIM移行計画は、どうなることやら、まだまだ調査と試行錯誤が続く。

 

まずはお試し

 前回、ここにキャリアとさよならして、格安SIMに移行する話を書いてから、どの格安SIMを使うか色々と検討している。mineoもかなり良さそうだし、今データ通信で使っているFreetelも視野に入れている。いろいろと考えて、いきなり番号を格安SIMに移行して、失敗したと後悔するのも良くないので、まずはお試しということでfreetelの通話付きのSIMを購入した。これをサブマシンのiPhone7 Plusでしばらくは使ってみることにした。

 まずは、LINEから試して見た。せっかくなので、新しく裏アカウント(笑)を作って見て、その使いごと心地を試そうと思ったら、いきなりの障害だ。なんと年齢確認ができない。年齢確認は大手のキャリアのアカウントがないとできないらしい。LINEの年齢確認ができないと、ID検索ができないので、新しくID交換したい人とは面倒なことのようだ。もっとも私のようにID検索そのものを許可していない設定の場合はなんら実害がないのだが、他の家族の使い方はどうだろうか。そこを確認する必要がありそうだ。

 電話のかけ放題もプリフィクスといって、通常の電話とは別の回線を通じるので、品質が悪いとのことだったが、会話に支障は特になさそうだ。

 しばらくはこのサブマシンの格安SIMをメインに通話やデータ通信をやっていくつもりだ。

別れの時

 この数ヶ月、どうも携帯料金の高さが気になっている。すでに端末の料金が払い終わっているのに、家族全員の携帯代が安くなったとは思えない。端末代金を払っているうちは割引が効いているから、割安感を感じるものの、その割引も端末代金の支払いが終わると同時になくなる。

 昨日ソフトバンクのショップに行って、支払いの内容をチェックしたのだが、我が家の使い方であれば、SIMフリーの端末をアップルストアーで買い直し、その代金を分割にして、格安SIMを使えば、結局割安になるのがわかった。あとの問題はどこの格安SIMを使うかだ。楽天バイルか、Freetelを考えているが、そう遠くない先に、どちらかに変えようと思う。お父さんに犬にさようならをいう日はそう遠くなさそうだ。

Remove all ads

カラスを食う

 本を読んでいたら、how would you like to eat humble crow?と出てきた。旦那が家に帰ってくるなり、奥さんに説教を始めるシーンで、このセリフが出てくる。意味はそのままなら「謙虚なカラスを食べられないのか?」となるが、まさかカラスを食べるわけでもあるまい。なんのこっちゃと辞書を調べてみると、eat crowで謝るという意味らしい。。ということは「なんで、お前は謙虚に謝れないんだ?」となり、辻褄があう。どうしてこんな表現があるのかはわからないけれど、日本語でも「人を食う」という、もっとすごい表現があるのだから、大したことはないか?(笑)

 こうやって、英語の本を読んでいくとわからない表現によく当たる。流してしまっても大意はつかめるのだが、こういうところに「引っかかり」を感じて、調べていくと、面白い発見があり、新たに知る喜びを感じる。特にこんな風に表現と意味に大きな差があるものほど印象深くいつまでも覚えているものだし、こうして調べたことは忘れることが少ない。

  いつまでも勉強は終わらない。

何とか復活

 ようやく家庭内隔離も解かれ、今日から外界とのコンタクトが再開した。早速月曜日の試験を印刷しに研究室へ。さすがに、1週間ぶりに出勤すると、ちょっと体がふらついてくる。大学でメールをチェックすると「あわわわ」と急ぎ週明けの対応が必要な案件もあり、いきなり憂鬱となる。

 とはいえ、やはり、外界での活動ができるのはなんとなく嬉しい。きっと引退生活をするときには、最初の1週間はいい休みだと思ってのんびりするのだろうが、毎日が日曜日が続くと、退屈で、社会との繋がりを求めたくなって、いろいろなところに顔を出すようになるのかもしれない。

 そろそろ原稿書きを何とかしなければならず、本当は伏せっている場合ではないのだが、どうも気力がわかない。体が完全に復活してこそ、気力や余裕も生まれて「書く」という行為ができるのだと思う。普段は意識せずに書き物をしているけれど、毎日少しでも書ける状態なら、書き溜めて置いたほうがいいようだ。書き物をするときには、あるときに「えいや!」と集中して取り組む癖があるので、今年はちょっとづつ貯めていくことを心していこうと思う。

Remove all ads