Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ブックオフ

 少しばかり書斎の断捨離をしようと思って、文庫本の整理をした。学生時代に買ったものが多く、今から読もうと思って、文字が小さすぎて、老眼となった今では読むことが非常機に厳しい(苦笑)。流石に30年以上経っているものが多く、黄ばみも汚れも激しい。それでも、もしかすると…という思いから、ブックオフに100冊近く持ち込んでみた。

 結果、買ってもらえたのは30冊ほど。合計金額は220円。他のものはやはり買い取り対象にはならなかった。とはいえ、持ち帰るのも大変なので、ブックオフで処分してくれることとなり、助かった。

  考えてみれば、資料としての書籍と、楽しみとしての書籍では随分こちらの取り扱いも違うように思う。仕事柄、書籍は商売道具なのだが、商売道具とするのは、専門書であり、学問的な見解や、理論、事例を扱ったものである。これは何度も目を通すし、「そういえば、あそこに書いてあったはず」と思い出してはまた引っ張り出すものだ。

 ところが、楽しみとしての本は小説やエッセイで、一度読んでしまえば、そのまま。今回も処分した本の多くは小説とエッセイだった。新書は学問的な内容だけれど、「ふーん、なるほどね」と情報を仕入れるために読むことが多く、一度読んでから、もう一度目を通すことは少ない。そう考えれば、資料としてのほんと楽しみとしての本の中間と言えるだろうか。

 楽しみとしての本ではあっても、処分を考えることはないものもある。白水社から出ていた新書サイズのシェークスピアの全集だ。小田島雄志先生の翻訳で、大学時代にバイト代を叩いて、全て買った。その日本語はまさに、切れば血が出る、というほど生き生きした日本語で、心捕らえられたものだ。これは楽しみの本ではあるけれど、何度でも目を通したい。そして、もう一つ、老後の楽しみとしてとっておくのが(笑)、O. Henryの全集。これは全て英文のオリジナルの全集。じっくりと時間をかけて読んでみたいと思う。シェークスピアの原文での全集もあるので、これもいずれは制覇したい。シェークスピアもO.ヘンリーも人生の真実が隠れている。

 

Remove all ads

再び嬉しい知らせ

 この2年の間携わってきた学生の博士号学位の授与が決まったとの知らせを受けた。この学生は某国立大学の学生で、その指導教授から博士論文の学外審査員を依頼され、それから予備審査や本審査に関連して幾度となく博士論文の原稿をよみ、ほぼマイページに付箋をはり、コメントをつけて修正を促した。

 本審査を昨年は末に行い、審査員として合格を出した。その後、それを受けて指導教授が報告書を書き、昨日その大学の審査会議で学位の授与が承認されたとのことだ。携わったものとしては、とても嬉しいし、1人の学者の人生の出発点をつくりことに協力できたことが誇りにも思える。毎日学務に追われて、なかなか研究者としての仕事に時間を割くことが難しい中で、少しでもアカデミックな時間をもてたことは私にもいい経験だった。

 博士号、おめでとう!

嬉しい知らせ

 今年の夏の国際学会に研究発表投稿をしていたのだが、やっとその結果がきた。受諾されて、研究発表ができることとなった。この国際学会は私が国際理事を務める学会なので、理事会があり、発表がなくても、行かなければならないし、実際に一昨年は研究発表はしなかったが、ドイツまで理事会と総会への参加のために行った。昨年はインドネシアで研究発表を行い、今年はオーストラリアのウーロンゴンという場所での開催となる。シドニーからは列車で2時間弱だろうか。

 3年ぶりのオーストラリア行きとなる。懐かしい友人にも現地で何人も会えそうだ。また忙しい時間とストレスにさいなまれることになるが、発表できるうちにどんどんとしておき、学問的な足跡を少しでも残せたらと思う。

きゅうり+グレープフルーツ=メロン

 この時期、紙をめくり仕事が多くて、普段以上に手がカサつき、指先は切れている。この痛みに耐えきれず、妻にハンドクリームはないかと尋ねたら、義妹の海外旅行でもらったハンドクリームがあるという。なんでも香りがキューカンバーとグレープフルーツを合わせた香りだというのだ。まあ、なんでもいいから、つけてみると…その香りはまさにメロンだ。この香りは日本のメーカーではなかなか出さないものだという。

 香りのインパクトに隠れてしまうのだが、このクリーム、すごくキレがいい(笑)。塗った後にいつまでもヌルヌル感がなくて、さっぱりとするのだ。何度かハンドクリームはつけたことがあるが、このさっぱり感は初めてで、これなら仕事の合間につけても、すぐに紙もスマホもいじくれる。メロンの香りと合間って、すっかり気に入ってしまった。

 このクリームはToccaというブランドで、人気があるらしい。女性用のハンドクリームではあるが、すっかりお気に入りになってしまった。春先までは私のポケットからなくなりそうもない。

飲みたくなるドラマ

 以前にも書いたと思うが、無性に読んだ後に酒を飲みたくなる読み物がある。小説なら、ヘミングウェイの「武器よさらば」だし、エッセイなら、東海林さだお先生のエッセイ全て、そして椎名誠の「わしらは怪しい探検隊」である。一段交渉になると開高健の「地球はグラスのふちを回る」となる。

 では、テレビはどうだろうか?「孤独のグルメ」や大食い選手権シリーズを見ると、無性に食べたくなるのだが、酒を飲みたくなるテレビというと今までなかった。

 ところが…である。最近、見ると無性に酒が飲みたくなるドラマが出てきたのだ。それは「東京タラレバ娘」。やたらの居酒屋で飲むシーンがあるのだが、舞台となる居酒屋のオススメがレバステーキという。これは無性に食べて見たいし、それを主人公のタラレバ娘たちのようにビールでグイグイとやって見たい。

 きっと、私は影響されやすい正確なんだと思う。映像に弱い、活字に弱い。でも、一番は酒と食事に弱い。食べる誘惑と飲む誘惑には勝てない。あ〜、こんなことを書いていたら、お腹が鳴った。

さようなら、ソフトバンク

 ようやく格安SIM会社を決めた。Freetelにすることにした。やなり従量制で使った分ということが大きい。定額制のわくほど使うのは息子だけだからだ。妻と私はWiFiがメインで、外で使うことは少ないからだ。息子の契約更新付きまであと少しということもあり、そろそろ次の会社を決めなければならなかったこともあり、上記の決定となった。

 そこで、まずは私の番号だけMNPすることとして、早速ソフトバンクに電話をかけて、MNPの担当箇所に電話をすると、お約束通りの引き留めをされた。様々な種類のサービスをオファーされたが、どれも断ったのだが、どうも電話対応の職員もマニュアルがあって、かならずそのサービスのことを言わなければならないらしい。考えてみればMNPを希望する人は、そんなサービスに動じる人は少ないだろうから、文句を言われることも多々あると思うのだが、なにぶん、それを言えと決まっているのだろうから、担当の人の苦労もしのばれる。思わず、「大変ですね」とこちらから言ったら、恐縮されてしまった(苦笑)。

 さて、いよいよ本日、MNPしてくる。ずいぶん長いことお世話になったけれど、さようなら、ソフトバンク。またご縁がある日まで。

 

壊れたPriori3の使い方

 以前遊びで買ったFreetelのスマホ、Piori3はSIMスロットを壊してしまい、携帯電話として使うことができない。WiFiは使えるので、自宅専用寝モババイスとして使うこともできるのだが、タッチ感覚がよくない。そこで、なんとか有効利用はできないかと考えて、たどり着いた答えは、iPod Touchの代わりとすることだ。アンドロイド携帯はMicro SDカードをつけて、ストレージを増やすことができる。このMicro SDに音楽を入れて、音楽再生デバイスとして、使えば良いのだ。Micro SDも64GBで3000円なので、手軽に増やすことができる。

 一時は廃棄も考えたスマホだが、もう少し遊び倒してみようと思う。