Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

言葉の表層と深層

毎朝The Japan Timesを読んでいる。読んでいるというか、正確には目に中に入れている程度だ。日本の新聞だって、見出しを流し読みなのだから、同じようなものだ。見出しを見て、目についたものだけを本文まで読んでいる。 さて、今朝のThe Japan Timesの漫画…

「なんでもいい」は「なんでもよくない」

授業のときに、「デートの時、お昼になって、彼女に「何食べたい」って聞くよね?」と聞けば、男子学生が頷く。そこで、今度は女子学生に「で、そういう時は、女性はなんていうの?」と聞く。ほとんどの女性は「なんでもいい」と答える。 そこで、男子学生に…

思いとどまった「ポチっとな」と「ポチッとな」

昨夜は珍しく11時に目が覚めて(笑)、ベッドの中でiPhoneSEを手に取り、ふと、毎日チェックするサイトに行って見た。すると、AppleのAirPodsのニュースが上がっているではないか!半ば反射的にアップルのサイトに行き、当たり前のようにボタンをクリックし…

人生論ノート

ふと、高校生の時に読んだ『人生論ノート』(三木清)を読みたくなって、改めて、kindle本で購入した。オリジナルの表記だと無料なのだが、旧仮名遣いではスムーズに頭に入らないので、現代仮名遣い版を購入した。読み始めてみると、難しい(笑)。こんな内…

除夜の鐘まで…

うるさいとのクレームで除夜の鐘の音をやめる寺が現れているとネットのニュースで見た。なんというか、唖然というか、いったいどこまでこうなるのだろうと思ってしまう。確かに近隣の人にはうるさいのかもしれないが、1年に一度のこと。それも煩悩を払ってく…

苦しいなりに。。。

よくプロスポーツの選手のインタビューとか、元プロスポーツ選手の話を聞くと、コンディションが良い時に良いパフォーマンスができるのは、当たり前で、コンディションが良くない時でも、それなりにパフォーマンスをするのがプロだと言う。さて、そういうこ…

庭に咲いた一輪の花

毎朝の庭掃をする。枯葉や落ち葉はどれくらいあるのだろうと思うくらい、毎朝掃く葉っぱの多さに驚いてしまう。そんな掃除の時に心和ませてくれるのが一輪の花。山茶花の花だと思うのだが、今が見頃なので、掃除が終わって、iPhoneを急いで持ってきて、撮影…

インドネシア

『インドネシア イスラーム大国の変貌』(小川忠 著、新潮選書)という本を読み終わった。インドネシアという国にはさほど興味がなかったが、昨年、今年と授業でインドネシア人留学生と接する機会があり、さらに7月に国際学会で初めてインドネシアに行って…

グッと抑えた衝動(買い)

キングジムがポメラの発展形としてか、あるいはあらたなるジャンルとしてかわからないモバイル型のコンピュータ「ポータブック」を発表したのが1年前。キーボードが変形するギミックはサンダーバード世代のおじさんとしては心が揺さぶられたのだが、何せ9万…

執筆者と編集者

2年前から共同である本の翻訳を始めて、ようやく出版社の編集者とやりとりをするようになった。途中からは私が窓口というか、取りまとめ役となって、いろいろと交渉をしたりしてきたが、ようやく出版の目処が立ち、段組やらレイアウトなどが見えてきたところ…

久しぶりのウィンドウショッピング

昨日は娘の留学準備のため、娘と一緒に銀行に行ったり、オーストラリアで使えるようにSIMフリーのiPhoneを買ったりと慌ただしい1日だった。海外で使うためのスマホとして、格安のAndroidも考えたのだけれど、留学先で写真を撮りまくるだろうから、そこそこ…

オフ会の夢想

ふと、このブログを読んでいる人と忘年会をやったら面白いんじゃないかと思った。どんな人が読んでいるのか、顔も名前も知らないしともいるだろう。あるいは身近な人もいるかもしれない。そんな人たちに声がけをして、一緒に飲みましょうなんてやったら、ど…

コメント欄についての補足

コメントを書くということについて、数日前に書いたけれど、どうもhatenaのユーザーでないと、コメント欄が表示されないということに気づく。コメントを入れたくても「表示されないじゃないか!」とお怒りの皆様、ごめんなさい。そういうことのようです。

紙の新聞とリアルな書店

ネット時代に席巻され、紙の新聞を購読する人が減っている気がするし、またネット販売の人気で、リアルな書店がどんどんと減っているとの報道がある。この二つは関係ないように思えるけれど、大きな共通性がある。 ニュースをネットで見る人は関心のあるジャ…

〆切

さきほど「〆切本」という本を読了した。内容は作家が〆切について書いたエッセイやら、書簡やら、あとがきの類。中には漫画家による〆切関連の漫画もある。ここでに出てくる作家たちは日本では著名な方々ばかり。そんな大家の作家たちも〆切に追われていた…

不潔都市ロンドン

『不潔都市ロンドン』という本を読了した。細かい字で、370ページほどある大著で、読み終わるのに数週間かかるかなと思ったら、3日ほどで読了した。内容は19世紀のロンドンがいかにゴミ、汚物、汚泥、死体、糞尿、煤、公衆トイレなどに対応して来たかという…

悲しみのアッポーペン

昨日の授業中にポケットに入れておいたApple Pencilがポトンと床に落ちた。特に勢いよく落ちたという感じはしなかったが、拾ってみるとペン先のプラスチック部分が折れ曲がっていて、使ってみても反応がない。先端のプラスチック部分は外れるだろうかとちょ…

コメント

このブログを読んでいただいている知人から、「コメントは書けないよね」と言われた。ブログとコメントはもろ刃の劔でいいことを書かれる嬉しいけれど、批判を書かれて炎上なんてことが頭をよぎる。十数年前にブログを書いていた時には、ちょっとした書き込…

7:25分の楽しみ

大学から教職員用のバスが星ヶ丘というところまで出ている。ここは名古屋の住宅地の中でもちょっとお洒落な場所で、三越がある。大学の終バスが7:00で、星ヶ丘に到着するのが7:20くらい。そこから急ぎ三越に行くと閉店5分前に入ることができる。 閉店直前の…

飲酒とガン

飲酒によってガンのリスクは高まるとの報道を見た。たしかに、酒を飲めば肝臓に負担をかけるし、酒のつまみは塩分も高いものやカロリーの高いものが欲しくなる。中には酒さえあればつまみはいらないという健康なんだか不健康なんだかわからない飲み方を好む…

デカ盛りの魅力

ネットでデカ盛りのブタ丼を完食したという記事を読み、すごいなぁ〜と感心しつつ、ふと自分でも食べたいととんでもない願望がふつふつと沸き起こってしまった。早速(笑)、ネットで名古屋のデカ盛りのお店を調べてみると、揚げ物のデカ盛りやら、おそばの…

iPhone7で、ピッ!

昨日、初めて、iPhone7で地下鉄の改札をくぐった。本当にあっけなく、何もないかのごとく自然に、ピッ!となり、通過。画面にはしばらくして、suicaアプリから、使ったことがメッセージが画面に表示された。降りるときにもう一度ピッとかざすと、今度は画面…

トリプル

昨日は朝から歯医者様の予約があり、それを中心にスケジュールを組んでいた。11時の予約だったのだが、薬も切れて皮膚科の医院にもいかなければならないし、かかりつけの内科のクリニックにも行かなかければならない。そこで、とりあえず皮膚科の開始時間に…

iPhone7にApple Payとsuica追加

今朝、iOSのアップデートがあり、ようやくsuicaやapple payが使えるようになった。私の持っているクレジットカードでは、楽天カードだけがapple payできた。QuickPayの表示の店で使えるとのこと、早速どこかのコンビニで使おうと思う。 次にsuicaの新規登録…

やっとカナダの夏

朝夕の気温がぐっと低くなってきた。毎朝の玄関と庭掃除の時には朝のちょっと冷たく感じる乾いた空気が心地よい。日中は少し汗ばんだり、あるいはポロシャツだけでも過ごせるのに、朝夕の冷え込みはカナダの夏を思わせる。ロッキー山脈に囲まれたクランブル…

何もしない喜びと不満

この2週間ちょっと、連日休みなく仕事に翻弄されていた。風邪をひいたらしく、鼻水は止まらず、咳も苦しい。久しぶりに何もない週末を迎えたので、今日は何もしないと決めて、ぼけっとネットを見ているだけにした。久しぶりの休みに安堵を感じていた。 頭も…

上り坂、下り坂、まさか

結婚式のスピーチの定番が3つの坂というやつで、最近はテレビのCMでもつかわれている。人生にある坂は、上り坂、下り坂、まさか、だという。確かにその通りだが、このまさかは、確かに不意にやって来る。時にプライベートで、時に仕事で。 昨日も突如、この…

叶えられなかった夢

今週はかなり忙しく、疲労困憊で、なかなかブログを更新できなかった。頭を使うパズルのような時間割編成や、勝負事、家族のことなど、いろいろとあって、早朝でも落ち着いて何かを書き込もうということもできなかった。 そんな中、娘の留学が決まった。大学…

恩師との再会

この週末に学会があった。毎年体育の日の前の週末がこの学会になっている。私の専門とする分野の全国大会で、規模としては小さいものだが、内容は濃いものであり、発表を聞いていて、勉強になる。 毎年学会では最後に特別講演を行っている。国内外の研究者を…

Keynoteのクラッシュにぶちぎれる

いよいよ今日から学会。研究発表は日曜日だ。昨日、最後のスライドを作成するために研究室で、Mac版のKeynoteで一生懸命、図を作成していた。ところが、最近Mac版のKeynoteは挙動がおかしい。ライブで変更ができるようになってから、なんだか勝手に描いてい…

ポメラDM200に心揺さぶられる

昨日新しいポメラが発表された。ポメラはキングジム製のメモ書き専用マシンで初代からいくつか使って来たが、秀逸だったのはDM100だった。乾電池で動く、キーボードは打ちやすい、軽い、見やすい、等メモ書きのマシンとしては伝説とも言えるものだった。会議…

iPad Pro用smartkeyboardの不具合、その後。

やはりだんだんとsmartkeyboardの反応が不安定になってきた。文字入力ができずに、何度もキーを叩くと、いきなり叩いた文字が入力されたり、文字入力がフリーズする。そして、画面には、この周辺機器はサポートされていないものだと表示が頻繁に出てくる。使…

iPad Pro用のsmartkeyboard不具合

最近iPad Proにつけているsmartkeyboardの調子がよくない。使おうとして、セットしてもキー入力が画面に反応しないのだ。本体から一旦外して、何度か取り付けたり外したりすると治ったりする。もしかするとコネクターの調子がよくないのかもしれないが、これ…

発作的ポチっ

夜中に目が覚めてしまって、すこしばかりネットをブラウズしていたら、ふと独身時代によく食べていたイギリスの食材のことを思い出した。Branstonのpickleという製品で、イギリス人の友人のアパートに一ヶ月滞在していた時に覚えたものだ。これはソースの中…

やっぱり、無理か。。

iPhone6sに購入したルイヴィトンのケースについて、ここにも書いたが、もしかして、カメラの穴を大きくするくらいなら、やってくれるだとうかと、ダメ元で、ルイヴィトンのカスタマーセンターに電話して見た。事情を話したが、既存の製品の改造は受けないと…

あと2週間

学会発表の期日まで2週間を切った。今年の夏にインドネシアで発表した内容から、派生したことを発表するつもりなのだが、なかなか準備が進まない。あれこれと他の業務もあり、心理的にストレスを感じる他の案件もあり、自分を集中させることが難しい。もう2…

iPhone7の便利なところ

もうメディアではいろいろとiPhone7のレビューもあがっているし、様々なブログなどで情報が上がっているので、今更書くようなことでもないのかもしれないが、やはりiPhone7は便利だ。スペックとかデザインとか、目立つところが少なく、iPhone6sからの買い替…

語彙密度と文字密度

私の専門とする選択体型機能言語学では「語彙密度」という概念がある。簡単にいえば、テクスト全体のなかで、内容語の占める割合ということになる。学問的なテクストになればなるほどこの語彙密度は上がるし、理解するには読者もそれなりの訓練が必要になる…

オークション

iPhone7の購入に伴い、iPhone6sの売却をすることになった。今までは買取をしてくれるお店に持って行って売却をしていたのだが、やはり価格については不満がある。そこで、今回、久しぶりにヤフオクに出すことにした。 ヤフオクはいままでにもMacを売却すると…

後半戦の始まり

今日から秋学期のスタートで授業が始まる。なにも祝日から始めなくてもいいだろうと思うかもしれない学生は多いだろうが、これも半期で15回の授業をせよという文部科学省のガイドラインがあるためで、日本全国の私立大学では祝日さえ潰して、授業を行うとこ…

iPhone7へのドック改造

iPhone7は快適に使えている。やはり感圧式のホームボタンは私には相性がいい。ボタンが動くことがないということはその部分でホールドしても痛めることもないし、安定してiPhoneを保持できるからだ。ある人にとっては不満なところも別な人にとっては魅力にな…

iPhone7の使用感

昨日届いたiPhone7をいろいろと設定した。ホームボタンが物理的なボタンから電子的なものになったことで賛否両論あるらしいが、私は断然賛成派。ボタンの隙間から埃が入る心配をしなくてもいいし、そもそもiPhoneのトラブルの原因で多かったのはここだと思う…

iPhone7、来た、見た、買った!

本日、アップルストアからiPhone7が到着した。いざとなったら返品と考え、気軽に予約をしたものだ。性能もデザインも文句はない。ただ、今まで使っていたケースが使えるかどうかが問題なのだ。ケースは数ヶ月前に大枚叩いて買ったものだから、ケースの方が今…

サンチーロス

テレビを見ることはあまりない。ニュース、スポーツ以外は、ほとんど見ない。見ても秘密のケンミンショーとか、ぐるない、ぐらいなのだが、この夏は、珍しくドラマにはまった。「家売るオンナ」である。北川景子がクールな不動産屋として家を売るコメディー…

OneNoteのその後

昨日、OneNoteに記録アプリを変更する話を書いた。あれから、EverNoteに保存していた業務記録をOneNoteに移して、OneNoteがメインになるように設定をした。MacだけではなくVirtual PC上のWindows7にもインストールを行った。Windows版からはノートブックとい…

OneNote

前にもここでマイクロソフトOneNoteのことを書いたかもしれない。何度か使ってみたものの、挫折して、他のアプリを使っていた。iPad Proの手書きはとても快適で、いつも業務日誌を手書きで書いている。いざとなるとタイプをするよりは手書きの方が自然にでき…

夏の終わり

毎朝庭の草むしりをしている。どれだけ広い庭なんだっていうことじゃなくて(笑)、ちょっとづつしかしていないので、綺麗にしたところもまた生えてきて、終わらないループなのだ(笑)。 その草むしりも季節の変わりを感じる。だんだんとプーンという蚊の音…

二日間の嵐

毎日このブログを覗く人の数は40人くらい。更新されていてもされていなくても、習慣で覗いてくれる人がこれだけいるのは嬉しい。もちろん、多い方がいいという認証欲求はあるけれど、多ければ炎上の危険性も高まるはず(苦笑)。 ところが、この二日間、こ…

iPhone7で唯一気になること

iPhone7は来週の金曜日には手に入る予定だが、内心では、いざとなったら返品という選択肢も考えている。2週間以内の返品はAppleは受け付けてくれるので、ちょっと使って気に入らなければ返品ができるのが嬉しい。さて、デザインも性能も価格も不満がないiPh…

組織の寿命

Steve Jobsの他界以来、Appleの製品に魅力がないと批判されている。革新性を失ったとか、保守的になったとか。すべてはSteve Jobsのカリスマ性によるのだろうが、考えてみると、どんな組織でも寿命がある。おぎゃーと生まれた人間だって、企業だって、生まれ…