学校の英語教育は実用的ではないのか?

 今朝の中日新聞の投稿にも「学校の英語教育は文法中心で、実用的ではない」とあり、批判されていたが、そういう批判のターゲットとなっているのは何十年も前のカリキュラムであろう。高校の英語の教科書を一例として、見てみると良い。どれほど「コミュニケーション指向」ということで、会話が多く教材として使われているか。さらに、今の若者は英語のリスニングに関しては我々の年代よりも遙かによくできる。「なんとなく」意味がわかるのである。

 ところが、実際の英語の授業を行うとわかるのだが、今の若い世代は英語の文法的な基礎力が不十分なのだ。単語と単語のつながりがわからないから、決まり文句以外の文の解析がわからない。読む行為は「なんとなく」では限界があるのである。今、教育現場で求められているのは、むしろ「文法力」だと思う。

 文法ばっかりで実用的ではないというのは幻想だ。そもそも「実用的」とはなんだろう?買い物ができれば実用的なのか?ビジネスマンが商談をできるレベルが実用的なのか?講義を英語でわかることが実用的なのか?
 何のために英語を学ぶのか。その目的がわからなければ「実用的」ではないし、目的に応じて「実用性」の定義が変わるはず。中高ではその基礎中の基礎を身につけるわけだから、様々な分野の英語に触れることが大切である。中高の英語教育で「実用的」と議論すること自体を考え直さないと、不毛な批判にしかならないはずである。