グローバルスタンダードの幻想

 サッカーのワールドカップで検討したにもかかわらず、良い結果を残せなかった日本代表を空港で温かく出迎えたことに異論が出ているらしい。様々な意見が出ることは健全で有り、それ自体は大変結構なことだが、気になることが1つある。それは「世界の諸外国と同じような対応でなければならない」という考えである。

 サッカーの出迎えに限らず、どうも「世界の他の国々と同じでなければならぬ」という考え方自体が、「他者に合わせる指向」の日本人的考え方とも言えるが、はたしてそれでいいのだろうか? 日本には日本なりの出迎え方があり、それを貫けばいい。

 世界に歩調を合わせるべきところと、日本人独自の方法を守ること、それを認識せず、なにもかも盲目的に「世界」という幻想のもとに合わせることは、一貫性に欠けて、むしろ他国から信用されないと思うのだが、いかがだろうか?