英文法偏重教育という誤解

 日本の英語教育がうまくいかない原因として、よく槍玉に挙がるのが、「日本の英語教育は文法偏重だ。もっとコミュニケーションに役立つ英語をやるべきだ!」というものだ。しかし、本当にそうなのだろうか?この20年短大や大学で英語を教えてきた「肌で感じる」実感として、最近の学生の耳は格段に良くなっている。英語のリスニングを指導していても、「なんとなく」わかる範囲ではあろうが、学生たちはListening comprehensionはできるようになっている。
 ただし。。。である。それは自己紹介や買い物等のように情報が限定していたり、パターン化されているものについてであって、すこしばかり知的な内容になると難しくなる。「それは専門的な英語だからでしょう?」と批判されそうだが、しかし、考えてほしい。我々が日本語で新聞を読む程度の日本語は専門の日本語だろうか?日常生活の日本語であろう。それを英語でやろうとすると、圧倒的に語彙が足りなくなってしまうのだ。今の日本の中学の英語はすでに英語だけで行われる授業が公立で始まっている。AETによって英語を使うことに抵抗が無い子も少なくない。現在大学に入学してくる学生だって、AETに触れている。それでも、英語が不得意だと言われる。どうしてだろう?

 「文法偏重の教育だからですよ!」と批判されそうだが、カリキュラムや教科書をみると、むしろ会話等を主体とするものが多い。批判する人たちが中学や高校で受けてきた教育と比べたらずいぶん違っている。我々が教室で感じるのは、すこしばかり知的な(とは言っても、日常の範囲の話)の英語をやろうとすると、とたんにできなくなってしまうのは、文法力の欠如があるからである。世間で言われていることとはむしろ反対だ。語彙のかかり方や、文の切り方がよくわからない子が多い。語彙も少ない。昔は受験戦争で「出る単」とか「しけ単」のように教科書以外の参考書で語彙を覚えて、対処したが、最近では受験勉強をしなくても大学に入れるようになった影響もあり、修得語彙数が圧倒的に少ない学生が多い。これでは、オーラルコミュニケーションも半端、文法・語彙力も半端となってしまう。

 私の言っていることはなんら新しいこともなく、大津由紀夫先生や鳥飼久美子先生の主張することと同じである。きちんとした文法力が無くてはむしろ英語力の育成は難しい。買い物ができるだけの英語なら、オーラルのレッスンで充分できる。しかし、もとめられているのは、それ以上のはず。これからの英語力は「書いて」意見陳述ができる英語力であるはずだし、知的な内容を「読み解く」力であるはずなのだから。

 形式は重要であり、それによってどのような意味が伝えられるのか、あるいはどのような意味を伝えたいのか、そしてそのためにはどのような形式が必要なのか。これを把握しながら、教育することがこれからの英語教育には必要だと思う。