1桁の心地よさ

 このブログに定期的に目を通してくれる人は毎日一桁、10人以下である。ブログを書く以上、多くの人に目を通していただきたいと思うし、iPhone関連でブログを書くとアクセス数は普段の3倍から4倍になる。そのときはふふふと笑顔も漏れるのだが、ふと、考えると、読む人が多くなればなるほど、意見の相違、考え方の相違も多くなるだろうし、時に感情的な齟齬も生まれるかもしれない。結果的に「炎上」ということもあるだろうし、実際に10年以上前にブログをやっていたときには、それを経験して閉鎖した経緯もある。そのときには、私とのやりとりではなくて、読み手同士のけんかになってしまったのが余計に辛かった。

 若い頃は友達の多さが一つの誇りのようにも思えて、人間関係を増やしていた時期もあったが、やはり、数の問題ではなく、じっくりと語り合える友が数人いれば、人生は豊かだと気づいたように、ブログも多くの目に触れてもらうことよりも、私の意見や考え方を見たい、聞きたいという少数の人に愛読されて、支持されることが幸せなのだと思う。