発想の転換

 今まで書籍の管理にはMacのDelicious Libraryというソフトを使っていた。Macについているカメラでバーコードを読めばあっという間に登録ができるし、洋書も和書も登録が出来て便利だった。これには一時期だけ、iOS用のアプリもあって、iPhoneで同期をして、データをいつでも手元に置くことができた(ただし、このアプリはリリース後しばらくたって、大人の事情で削除され、今はダウンロードできない)。

 ところが、iOSYosemiteになり、iOS用のアプリがうまく動作しなくなった。一大事と思うが、Delicious Libraryのバージョンを上げても解決にはなりそうもない。考えてみると、書籍のデータは何のために必要かというと購入に重複がないように確認するためである。思えば、パソコンにデータを保存して、iPhoneにデータを持ち出すのは本屋で閲覧できるようにという発想からだった。しかし、今や書籍はiPhoneiPadでネットを見ているときの方が多く、パソコンでデータを確認することもほとんどない。

 それならば、いっそのこと書籍データは、もうiPhoneに集約してしまっても良いのではないだろうか。そう考えを変えるとアプリもMacと同期できるものと制約をかける必要もない。そこで、あれこれと無料版を試してみたのだが。。。。。

 問題があった。どのアプリもiPhoneのカメラでバーコードを読み込めばすぐに書籍のデータが作成される。これは便利だ。ところが、そこに落とし穴があったのだ。日本製のアプリはamazon(JP)のように日本のデータベースにアクセスするので和書のデータはとってくるのだが、洋書のデータはとってこない。逆に海外製のアプリはamazon(US)のように海外のデータベースからデータをとってくるので、和書のデータがとれない。どれもこれもうまくいかない。。。

 しかし、やっと試行錯誤の末、最適なアプリがあった。ItemShelfというアプリで、なんというかDelicious Libraryの物まね版みたいなアプリだが、これは検索するデータベースの設定が出来るので、和書も洋書も問題なくデータが取れる。またデータのバックアップをDropboxに作ってくれるので、iPadにデータを簡単に移行するここともできる。しばらくはこれで書籍の管理をしようと思う。