iPhone6の純正ケースにストラップホールをつける

 iPhone6を使っていると片手の中に収まらないので、どうしても落としてしまいそうになる。やはり、ストラップを指にかけたり、あるいは首にかけたりした方が便利なのではないだろうか。安全なのではないだろうか。

 ストラップホールのついたケースも多く販売されているが、あいにく愛用しているAppleの純正レザーケースにはホールもないし。さりとて、そのためにケースを買い換えるのも考えてしまう。どうしよう?。。。。

 そう思っていたときに、ふと、模型用のピンバイスが目に入った。プラモデル製作で使う微細な穴を開けるドリルである。「そうだ、これで穴を開けちゃえばいいじゃないか!」と、心の叫びが聞こえる。

 というわけで、ケースの右隅に開けてしまいました。

f:id:msasaki0418:20141102174102j:plain

二つ開けて、さらに手持ちのOutbackの赤いストラップをつけてみた。

f:id:msasaki0418:20141102173953j:plain

こんな感じになった。

f:id:msasaki0418:20141102174010j:plain

 

やはりストラップがあると、指への引っかかりがあって、落ちる心配がなくなった。アマゾンにはすでに首掛け用のストラップも注文済みなので、しばらくは首からかけるスタイルで使ってみようと思う。