高校で英語による議論を目指す?

 文科学省では高校生で英語にいる議論ができるように、小学校3年から英語を導入することを考えているらしい。ネットにニュースでは相変わらず、現在の英語教育が受験英語偏重で、コミュニケーションできないものだと揶揄されている。

 しかし、英語を教えるものとして、英語で講義を行うものとして、英語で(!)学問するものとして、このような誤解や間違った施策には反対である。英語を使うが故に、英語だけではない問題もわかるし、中学から英語を勉強し始め、英語を生業としているものだからこそ、見えることがある。
 まず、世間でコミュニケーション英語と呼ぶものはいったい何を指すのだろか?お店で買い物ができればいいのだろうか?その程度のことなら、今の大学生の英語力なら、すぐにできる。問題は彼らが使う場面になれていないだけのことだ。海外の語学演習にでも連れて行けば、あっという間に買い物はできる。
 あるいはビジネス現場での会話だろうか?TOEICが日本人の英語力の指標に使われるが、あれは日本人のための英語力テストをアメリカの会社につくってもらっているだけのことであって、世界的な英語力の指標にはなっていないと知っている人がどれほどいるのだろう?
 求めているのは、メールでのやりとりだろうか?あるいは報告書?論文?もしそうだとすると、必要になる英語力は学問的な言葉の使い方としての英語力だ。相当の語彙であり、複雑な名詞句を解読する力であり、命題を解読する力であり、文を解読する力である。これを日常で英語を使わない環境で育成するにはじっくりと論理関係を理解しなければならない。
 インターナショナルスクールの子供たちは、すべて学問を英語で行っているからそれに近い環境だが、気をつけなければならないのは、英語で行われる学問故に英語圏でのイデオロギーが入っていることだ。言葉をただの記号だと考える人たちが多いが、これには人間の認知のあり方、考え方のありようが反映しており、特定の言語で生きると言うことはそれに従っていくということになる。世界でも母語高等教育まで受けられる環境にあることは大変恵まれているということをもう一度認識して欲しい。
 問題の根幹は別なところにある。今の大学生に議論をさせたり、プレゼンを日本語でさせてもうまくできない。それは母語であっても、論理的に考えを構築することがうまくできないからだろう。これは学問的な日本語の使い方として、語彙がないので、本の内容が理解できないことに由来するし、反対にそれを使って、意見の構築ができないからだ。必要なことはその力をまず母語で構築させることだろう。それがいったんできあがれば、外国語でそれを行うことはできる。
 受験英語と批判される入試問題、たとえばセンター試験の読解の問題を一度見てもらいたい。きちんと論理的なつながりが理解できる力が求められていることがわかると思う。英語ができれば、日本経済は競争力に勝てると短絡てきに考える前に、日本人同士で、意思の疎通ができない、知識の伝達ができない、社会的な用途に応じて言語の使用ができない、それを問題化して、是正するほうが日本社会をあらためて構築することにはるかに意義があると思うが、いかだろうか。