紅ショウガのちから

 昨日は昼に久しぶりになじみのお好み焼き屋にて昼食をとる。ここは知る人ぞ知る店で、10年前に今の場所に移転したのだが、昔からのファンが多い。特に特徴のあるメニューではないが、ふわっとした食感と、なんとも言えぬ滋味があるのは、きっと何かを粉の中に潜ませているからだろう。

 実はお好み焼きを食べるときには、私は紅ショウガをたっぷりつけて食べるのが好きだ。もしかすると邪道なのかもしれないが、紅ショウガの酸味がお好み焼きのこってりソースをうまく中和させてくれて、お好み焼きがどんどん胃の中に投入される結果となる。炭水化物を制限しようとしている身には、かなりの危険度だ。しかし、やはりうまい!本当はこのお好み焼きにもともとは少しばかり紅ショウガが入っているのだけれど、昨日は別途紅ショウガも頼んだら小皿に一杯くれた。このサービスがまた、うれじい(涙で言葉もよどむ)。他にも紅ショウガはソース焼きそばにもかなりあう。だから、焼きそばをお店で食べるときにはたいていついているはずだ。

 紅ショウガはかなり濃いめの料理には合うのだろう。たまにおいなりさんについているのを見ることがあるが、しかし、あれはやはりガリでなければならないと思う。紅ショウガではきつすぎると思う。

 他に紅ショウガの本領が発揮されると言えば、これはもう牛丼しかない。牛丼チェーンに行ったら、並盛り(コストパフォーマンスの一番高い並盛りが良い)を注文して、テーブルの上にある紅ショウガをたっぷりと、これでもかと盛りつけよう(無料だ!)。その上から唐辛子を振りかければ、これはもう200円台で丼の上はカーニバル状態だ。舌鼓どころか、舌の上でサンバのドラムが鳴り響くこと、間違いなし。