iPadのの文字入力

  一昨日、授業で使う資料を作成しようとして、iPadで文字入力を行ってみた。文字といっても英語だけ。もちろん、英語だろうと日本語だろうと普通にソウフトキーボードの画面を見つつ、ゆっくりと打てば、iPadの文字入力は問題がない。
  ところが、これが英語の入力に限ると、これは外部キーボードすらいらないと思えてしまうくらい快適なのだ。そう思わせる理由はひとえに、自動的に単語を修正して入力してくれるからだ。隣のキーを間違えて押してもOSの方で自動的に修正して入力してくれる。だから、多少のタイプミスを恐れることも、いちいち修正することもせずにサクサクと入力できるのだ。
  もちろん、ブラインドタッチを覚え、さらに狭いiPadのソフトキーボードでブラインドタッチができるようにしておくと、さらにその恩恵を感じることができる。残念ながら日本語入力ではそこまで自動的に修正はできない。日本語入力をATOKで行えば、多少の修正された候補が表示されるが、それを選びつつ入力するのではストレスgsたまる。
   国際学会などではiPadだけで記録をとっている人をみたが、なるほど、こういうように修正機能をかつようすれば、外部キーボードもパソコンもいらない。いや、ある意味パソコンよりも便利なツールになる。みなさんも、iPaタイピングアプリを使ってブラインドタッチを身につけてみてはいかがだろうか。