そうだったのか、液晶保護フィルム

 iPhoneを購入と同時に液晶保護フィルムを購入して、張った。ガラスフィルムで厚さが0.3mmもある。これで万全だ。表面を厚いガラスが守ってくれているのだ。それはまるで、政治家につくSPのごとく。
  ところが、SPがいつでもどこでも、くっついてきて、柔軟な対応ができないように(このあたりは想像(笑))、ガラス保護フィルムもちょっと困ることがある。指ではなく、ペンを使って操作するときの反応が大変に鈍い。Su-penというペンを使っていて、愛用しているのだが、それを使って板書代わりにiPhoneを使おうとしても、かなりの力を入れないと反応しないのである。
  そこで、液晶フィルムをはがしてペンを使うと、快適。じゃあ、このまま裸で使おうか?いや待て、やはり裸は公序良俗照らし合わるとまずい(笑)。では、どうしよう?
   そこで、ふと、気づいた。そうだったのか!厚さだ!薄い保護フィルムなら、反応が良いかも!ということで、早速アマゾンで0.2mmのガラスフィルムをポチッとして、昨晩届いたので、貼りました。ビンゴです。保護フィルム上からでもSu-penmのレスポンスはバッチリ。表面も守ってくれるので、これも安心。
  SPでも、うちはSu-penというSPが活躍してくれそうです。