懐かしい人々

 昨日、Facebookを見ていたら、「こんな人たちもお友達じゃないですか?」と表示されたので、見てみると、あーらまあ、職場で以前同僚だった人、高校時代の同級生と表示されるじゃないですか。
  早速、お友達申請とかメッセージを出したら、あっという間にレスが返ってくる。いやあ、懐かしいなあと、しばし時間が戻る。
  人との出会いはとても不思議だと思う。何かのご縁があり、学校や職場を同じにして、人生のある時間をともにする。偶然の出会いなのだけれど、その出会いによって大きな影響を受けることも多い。
  この年齢になり、お世話になった方々が鬼籍に入られることが重なった。とてもお世話になった方々との別れはつらい。致し方ないこととはいえ、これも出会いと同様に運命づけられていることなのだろう。
  出会いと別れ。人生という軌跡を織りなす縦糸と横糸に、時に巡る再会はアクセサリーのようのキラッと輝くのかもしれない。