オークション

 AppleがSimフリーのiPhone6販売を停止してしまい、このブログでもそのショックを綴った。特に、iPhone6 Plusの購入を漠然と考えていたので、どうしても動揺を隠せず、あれこれ原因を調べてみた。
  はっきりとした原因はわからないが、ネットでは技術的な問題と円安による転売の対策ではと考えられているようだ。
  この販売停止を受けてオークションでは、値段が高騰している。人間というのは怖いもので、高額商品でも、同じものが、ちょっとでも低い価格を付けられていると安いと感じてしまう。物欲の心理とか買物依存になる心理の一端がこのような気持ちなのだろう。
  そのオークションだが、ある出品者は山と積まれたiPhoneの新品の箱の写真を表示している。売られているものを購入し、転売することは違法行為ではないし、そこで利潤を得ることは経済活動の一環であるから、問題はない。しかし、Appleとしては世界中で使えるSimフリーをこのように転売、特に世界的なレベルで転売されてしまっては、各国のキャリアとの間に問題を引き起こすから、これはもう放置しておけないと思うのも無理はない。
  高く積まれた写真を見ながら「おまえたちのせいだぞ〜」と心の中で叫び、「決して彼らの利潤を生み出す手助けなどするものか〜」と決意して、オークションのページを見るのはやめた。