大掃除

  毎年この時期は連日家のどこかを掃除している。我が家、というか私がは8月と12月の二回になると、大掃除をする。書斎、納戸、お風呂に、おトイレ、台所周りと、やってしまう。
  掃除とは簡単に言えば捨てることだ。それはホコリや汚れだけでなく、モノを捨てること。何かしらのモノが溜まっていくと、どうしても、モノに囚われてしまうし、気づくと、モノによって自分の行動が左右されてしまう。
  昨日は書斎掃除したのだが、飾ってあった家族写真をどうしようと、あれこれ試行錯誤した。あれもこれも飾っていくうちに机周辺が乱雑になり、気が散る。かといって、捨てるわけにもいかない。まとめて、額のようなものに入れることも考えたが、またモノが増えるのはよくない。
  そこで、数枚だけを机周辺におき、後はスキャンしてスマホに入れた。これなら、お守り代わりにいつでも持っていられるし、いざとなったら複製も作れる。オリジナルの写真は納戸のアルバムに保存することにした。
  掃除の基本は断捨離だが、捨てる前に、いったん、直接の関わりを切り、それで用が足りれば、使うことがないと判断して、半年後に捨てるようにするとうまく片づけができるだろう。
Remove all ads