年賀状

  ようやく年賀状の返事も終わった。長年の友人知人との年賀状のやり取りは、形式的とはいえ、やはり楽しい。一言でも近況が述べられていると、その人の顔が目に浮かぶ。最近はネットの利用で年賀状離れが言われているが、手書きの一言はやはり嬉しい。
  この時期、年賀状が出せなかった人たちに寒中見舞いを出す。年賀状の代わりだ。こちらも日頃に感謝や一言近況報告をするようにしている。
  年賀状も寒中見舞いも、枚数が重なるとそれなりの出費なので、若い人たちには理解されないかもしれないが、これは一言の手書きの手間をかけるかどうかの話で、それが相手に対する思いの表現となる。ただの挨拶のようで、ただの挨拶ではない。送ること自体、一言手書きを添えること自体がプレゼントになるのだと思う。
Remove all ads