温故知新

  久しぶりのKindleが楽しい。やはり電子書籍を読むには最適なディバイスだと再認識する。佐藤優氏もネットに繋がらないからこそKindleは良いと著書の中で書いているが、その通りだと思う。スマホタブレットだと、自分からネットをしなくても、メッセージが入ったり、メールの知らせが入り、集中できないからだ。
  Kindle voyageが素晴らしいのは解像度が上がったことだ。今までの解像度では自分で自炊資本の表示が粗すぎてダメだったが、今度の解像度でその不満が解消された。久しぶりに山根一眞氏のスーパー書斎の仕事術などを読んでみる。情報整理の名著の一つだが読むたびにヒントを得る。
  不思議なもので、古い本でも、何かしらの工夫を提言する本というのは古びることがない。もう読んだつもりのことでも、現在の自分に照らし合わせることで、得られることは多いのだ。
  なんども読み返す本がというのは、本当に幸せなことだと思う。
Remove all ads