電子書籍の誘惑

  どうも、この数日電子書籍の誘惑を感じる。「うふ、ねえ〜ん、こっちにきてよ。。。」と甘い言葉さえ聞こえてしまう(このあたり、かなり幻聴か?)。魅力は手軽さと、値段だ。  昔読んで、今は無くなってしまったりあるいは、黄ばんで読みずらかったり、活字が小さくて、今の老眼では難しかったりと、読みたくても読めない本が、割と格安で、入手できてしまう。つい、つい、寝る前にiPhone片手にAmazonを見ては、ポチッとしてしまう。
  自分でも持っていた本を200冊ほど裁断して、スキャンして、PDFにしている。いわゆる自炊だ。こちらは、KindleよりもiPadの方が読みやすい。しかも、iBookよりも、PDF ExpertのようなPDFリーダーアプリが最適だ。理由は二つ。簡単に拡大ができること。そしてマーカーなどのアノテーションができることだ。こちらは特に、小さな活字の専門書を読むときに助かる。
  電子書籍の購入で一点だけ気になるのは、実はこれは現物を購入しているのではなく、購読の権利を購入しているということだ。もちろん、Kindleのようなデバイスにダウンロードはしているが、これもいつまで使えるかわからないし、そもそもAmazonのサービスが終わって仕舞えば読むことも出来なくなる。そういう意味では現物の書籍を購入するのとは大きな違いだ。
 とはいえ、現物の書籍でもいずれは処分せざるをえない。先のことを考えていても、その間に自分の人生が終わるだろうから、いまは、電子書籍の権利を購入して、読みふけることを楽しみたいと思う。