古事記

   昨日やっと古事記を読了した。もちろんオリジナルのままで読むことはできない。なんといっても高校の時の苦手科目の一つが古典だったのだから(苦笑)。読んだのは最近雑誌や新聞の書評によく出るようになった現代語訳版。作家の池澤夏樹氏が現代語訳をして、河出書房から出ている。知人にも紹介したし、すでに義兄夫妻は読んでいたとのことだった。
  古事記というと知識として、名前は知っているけれど、内容については知らないし、まして神様の系譜も知らないので、この際勉強しようと読んだのだ。感想はズバリ、面白い!不遜ながら、本当に面白い。冒険談でもあり、ファンタジーでもあり、妖艶な大人の読み物でもある。また以外に残虐なところもあり、読み物に含まれる要素は全て入っていると言えるだろう。所々、時間経過がよくわからないところもあるが、それもまた口承文学としてて理解すると得心できる。我々の祖先の生活についても理解できる。日本の最古の文学作品として、読みやすい現代語訳になった今、一読をお勧めする。
Remove all ads