恵方巻きの魅惑

 今日は節分で、我が家にも炒り豆の袋があった。さすがにマメをまくことはしないが、炒り豆を食べてちょっとでも季節感を味わえればと思う。ところで、恵方巻きというのがこれほど有名になったのはいつの頃だろうか?きっとこの10年のことのような気がする。以前から関西では会った風習らしいが、名古屋でも恵方巻きという言葉を良く耳にするようになったのはこの10年くらいのことだと思う。

 元来、巻き寿司が好きな私としてはこの恵方巻きにかな〜り、魅了されるのである。巻き寿司の魅力、特に太巻きは何でもありのてんこ盛りの具だ。同じお寿司でも握りにしたら、食べきれないほどの具が入り、またそんな組み合わせもあるのか?!という驚きが太巻きにはある。恵方巻きは長いものをそのまま無言でかぶりつくらしいが、さすがに入れ歯の入っているおじさんとしてはそれは避けたい。たとえ購入しても、食べやすく切り分け、家族と話しながら(あるいは家族の話を無言で聴きながら)食べることになるだろう。

 太巻きはどこが一番美味しいだろうか?「何、バカなこと言っているの!どこ食べたって同じでしょう!」という声が聞こえてきそうだが、実は太巻きには美味しいところが二カ所ある。それは両端だ。ちょいと高めの太巻きなら、両端に具が飛び出ていて、他の箇所よりも具が多い。このちょっと飛び出したところが、無性にうれしくなり、得した気になるのだ。時にはエビのしっぽだけが飛び出しているという、制作者側の並々ならぬ努力の跡もうかがえて、ほほえましくなる。そうだったのか、ここまで、サイズを美味く合わせたのか?!やるではないか!自然と褒め称えたくなる。

 さて、我が家の夕食に恵方巻きは出るのだろうか?さっそく、家内に問い合わせをしなければ…。