久しぶりのドーム観戦

 数年ぶりにナゴヤドームにてドラゴンズの試合を観戦した。普段なら絶対に座ることの出来ないバックネット裏のプレミアムシートの券をいただいたのだ。さすがに平日の昼間のゲームだけに、ドームは閑散としていて、お客は小さい子供をつれているか、あるいは高齢者が多かった気がする。やはり若い人はサッカーなのだろうか。

 考えてみると、東京ドームや広島のマツダスタジアムはテレビを見るとよく客が入っているように思う。なんというか、集客に関してはドラゴンズの一人負けという気さえするのだが、いかがだろうか。確かにプロのプレーだけに、生で見るとスピードや正確さはすばらしい。普段大学生の野球を見ているので、余計にプロのすばらしさがわかるようになったとおもう。しかし……である。なんというか、活気は大学生の方があるのだ。ベンチから見るからそう思うのかもしれないが、ドラゴンズのプレーには淡々としたものしか感じない。なんというか、「おら〜っ、いったるで〜」という気迫が感じないのだ。もちろん、オープン戦だからというのはあるのだろが、これでは、客は感動を覚えないと思う。

 観客サービスでも、なんというか、物足りない。ドーム全体の雰囲気が暗いのだ。ドラゴンズのユニフォームも地味だし、ドーム内の雰囲気も地味。公式戦になったら、Tシャツのバズーカくらいはあるのだろうけれど、ファンは日常では味わえない興奮とか、わくわくをドラゴンズのプレーに託して来ているわけだから、落合GMの言う「勝つことが最大のファンサービス」はもちろんだが、興業としての面白さも考えてほしいよな〜と思うのだ。

f:id:msasaki0418:20150321070102j:plain