桜咲く

 名古屋では昨日、桜の開花宣言が出された。基準となるのは気象庁の中にある基準木らしいが、この気象庁はうちの大学の楠元キャンパスの近く。ということは、平和公園も桜が咲き始めているのだろう。我が家の散歩コースにもなっている平和公園は幻の名古屋オリンピックの会場予定地だったと聞く。緑豊かな公園で、広大な墓地も広がっているので、この時期はお墓参りに車で混雑する。

 桜と言えば、大学の桜も見事で、近隣住民も花見に来るほどだ。桜は新しい生活と結びついているから、すがすがしい気持ちで見ることができる。特に昨年のこの時期は、2年間に渡る役職を終えることができたので、感慨ひとしおだった。今年はといえば、反対に身にかかる重責が増えるので、身の引き締まる思いで桜を見るのだろうか。

 桜というと、忘れられないのは、ソメイヨシノではなく、大学院時代にアルバイトでお世話になった某病院の先生のご自宅の八重桜だ。某病院で実験助手をしていたのだが、よくこの時期にアルバイトの大学院生をご自宅に招待してくださった。そのお宅に見事な八重桜の木があり、家の照明から照らされる見事な夜桜を見つつ、ビール、日本酒、ワイン、ウィスキーを次々に飲み干したっけ(笑)。毎年年賀状のやりとりしかしてないけれど、あの八重桜は今年も同じように立派に花をつけていることだろうな。

 

(写真は昨年の平和公園の桜)

f:id:msasaki0418:20140405103548j:plain

 

Remove all ads