4年目のゴール

 今日27日で最後の引き落としが終わる。腕時計代金の引き落としだ。この時計は4年前の震災後に購入した腕時計で、私のきつかった時期を一緒に過ごしてくれたものだ。同僚や友人と酒を飲むとこの時計を褒められることが何度かあり、そのたびにこの時計との運命的な出会いの話をする。

 「時計を変えなさい」と何度も尊敬する方からアドバイスを受けていた。それまでの時計は割と気に入っていたのだが、形が悪く、運気を下げるブランドだからと何度も言われていた。でも、あまりそれを気にせずにいたのだが、震災があり、またちょっと新しく責任ある役目を受けることになり、時計を変えるのも良いかもしれないと思い、その尊敬する方から最適なブランドを伺い、それを扱っている時計店に飛び込んだのだ。

 予算は決まっていた。無理なく自分のお小遣いで購入できるもの。とはいえ、手持ちの現金はなく、ローンでゆっくり返済を考えていた。そして、時計店に入る。見てみると、まあ、予算内のものが目に入るが、どうもデザインがしっくりこない。せっかく買うのに、これかなぁ…と思っていると、その隣にデザイン的に理想のものがある。「これだ!」と思ったものの、その価格に驚く。予算の2倍だ。無理かなぁ…と思いつつ、店員さんに、「こちらの(高い方)って、金利なしでの支払いってできませんかねぇ?できたら、買うけれど…」とダメ元で言うと、これがなんとOK。ローン審査も通って購入したのが今の時計というわけ。それでも予算の2倍だから、予定外のボーナス払い併用とし、これはまあなんとかなるだろうと思っていたら、不思議なことに、それ以降、iPad関連の講演とかセミナー講師の話が入りはじめ、ボーナス払いの資金が回るようになった。

 腕時計は身につけ、未来の時をつげるもの。この出逢いは人間との出逢いと同じくらいに運命的なのだし、人生を左右するものだ。

f:id:msasaki0418:20150327061429j:plain