死闘

 昨日は本学と中京大学の第2戦にベンチ入りして、選手たちと一緒にゲームに参加した。今までにも練習試合や交流戦に参加して、ベンチの雰囲気は分かっていたつもりだが、やはり公式戦の雰囲気は違う。独特の緊張感があり、選手たちの間にも一体感を感じる。

 さて、ゲームは1回に1点を先行したものの、すぐに追いつかれ、その後は相手に追加点を許し、3対1で迎えた7回に3点を入れ、逆転。9回の裏もツーアウト、ツーストライクとこぎつけたものの、同点打を許し、そのまま延長戦。再三にわたって、さよならのピンチを迎えるが、こちらはなんとか粘り、延長18回、引き分け試合となった。考えてみれば2試合分の長さを両チームの選手たちは戦ったのだから、すごいことだ。

 試合中は私も自然と声が出てしまう。彼らの熱いプレー、そしてベンチの熱い声援に感動をしてしまう。スポーツのもたらすすばらしさが伝わってくる。さて、これで1勝1分け。まだ決着はつかない。今日か明日にはもう一ゲームを行い、決着をつけることになる。Go for it!

 f:id:msasaki0418:20150413131406j:plain

Remove all ads