GWの開始

 世間では連休が始まったと連呼しているが、この業界では今や祭日も授業がある。我が社も平常通りの営業日で、学生諸君も教職員も平日通り。実に学生諸君には気の毒なのだが、これも大学の授業数を確保せよという文科省ガイドラインがあるからだ。
  昔の大学は小学生より遅く学校が始まり、小学生よりも早く夏休みになり、小学生よりも遅く夏休みが終わったが、今の大学は小学生より早く学校が始まり、小学生よりも遅く夏休みが始まり、若干小学生よりも遅く夏休みが終わるが休みの実質的日数は小学生とほとんど同じだ。
   高い授業料をはらっているのだから、授業をやれという声もわかるのだが、その一方で今の大学生は授業に出さえすれば良いと思い、自主的に何かに取り組むことがなくなっているように思う。昔は授業は少なかったが、その分、有り余る時間を謳歌して本を読み、バイトで稼ぎ、旅行を楽しめた。
  どうも授業の回数を増やせば日本の大学の水準を維持できるんじゃないかと思う人々もいるようだが、一方で自主的に取り組み、考える時間を奪っていることに気づいてもらいたいと願うのである。
Remove all ads