iPod Touch再評価

 このところ授業ではiPhone6 plusやiPhone6を使って授業をしていたが、やはりずっと手に持って使うには重い。そこで再びiPod Touchを使うようになった。今まではiPod Touchの中のkeynoteを使っていたが、動画があるスライドでは動作がどうしても鈍くなるし、そもそもicloudとの同期に時間がかかる。そこで、今回はiPhone6 plusのkeynoteを制御するリモコンとして使うことにした。

 Apple TVにはiPhone6 plusの画像が出るようにし、iPhone6 plusのkeynoteiPod touchで制御するというと、一見、面倒ではある。しかし、このようにすると制御するiPod touchは90分持っていても疲れないし、スライドの配信はiPhone6 plusからするので速度のストレスもない。結果的にはかなり快適なのである。発売からかなり年数も経ち、新型の発表も噂されるiPod Touchだけれど、この薄さと軽さはiPhone6にはないアドバンテージとして活用したい。