揺れる心

 このところ新型のMacBookが気になってしょうがない。性能的には低いCPUで処理能力や速度が遅いので、ライターは「購入者を選ぶ」とか「使う人間の価値感を問われる」といった文言がレヴューに並んでいる。確かに万人向きのマシンでなければそう書かざるを得ないだろうなとおもう(苦笑)。
  でも、欲しいと思う気持ちは、性能とか、速度じゃなくて、美しいからだし、新しいからだ。新しいマシンには、やはり新しいという魅力がある。デザインも色も形も良ければ、それで良いのである。それだけのことだ。
   では買うのか?これが難しい。まずは財政上の問題。お小遣いで賄うわけだが、それが枯渇している。もう一つはiPad Airとの問題だ。昨年、モバイルはiPad Airに集約するということで、手持ちのMacBook Airを処分した。iPad Air用のケースもキーボードも数種類そろえた。その使い後ことは悪くない。ここにMacBookがどう入るだろう?iPad Airブラウザーとかビューアーとしてだけ使うにはもったいない。かといってiPad Airを手放して、MacBookに集約すると、電子書籍データを読むのが不便になる。
 さあ、どうするか?こうして、毎日のように、MacBookをポチッとしては、キャンセルボタンを押すという繰り返しをしている、そんな優柔不断は初夏の日曜日、午前9時50糞だったりするわけである。
Remove all ads