欲望とエネルギー

 欲望はいけない。煩悩との戦いは、言ってみれば、いかに生きるべきかというテーゼでもある。このブログでも私の煩悩をあからさまにして、皆さんに恥を晒すことで自分を戒めていると思う。
  しかしである。考えてみれば煩悩があるから人間なのだ。美味しい食べ物を食べたい。綺麗な人と一緒にいたい。欲しいものが欲しい。むしろ、その欲望を叶えようとして努力することもある。生きるエネルギーにすらなっている。本当に欲望がなくなってしまったら、生きることの意味をもっと問うことになってしまうし、悟ってしまったら仏さんの仲間入りだと思う。
  まあ、こうやって自己弁護してるのは、この写真のせいなのだ(苦笑)。
f:id:msasaki0418:20150518105246j:image