今更ながら

 このところMacBookネタばかりだが、改めて、軽いPCの持つアドバンテージを認識している。そのもう一つの例がネットサーフィンだ。今まではiPadを手に抱えながら、ブラウジングをしていたが、かなり手や腕が疲れる。かといって、iPhoneでは小さすぎる。

 その点、MacBookはそのまま椅子に座って、リクライニングをしながら、腿の上に乗せるだけで、両手をキーボードに添えるだけで、固定ができる。1kg以下のMacBookなら載せていても負担はないし、腕で抱える必要もないから疲れない。ある意味、当たり前のことなのだけれど、この当たり前が、かなり快適だということを今更ながらに知る。iPadでもケース一体型のキーボードをつければ、同じような姿勢は取れるのだけれど、総重量で1kgをちょっと超えて、MacBookよりも結果的に重くなってしまうのが難点だったのだ。

 そうそう、それからもう一つ。iPadはどうしても指で触るから、画面の皮脂汚れがきになってしまうけれど、PCは画面が皮脂で汚れることがないので、画面をみていてもストレスがない。

 MacBook Airでも同じようなことを感じることはできたかもしれないけれど、retinaディスプレイではないし、重さも1kgを超えている。あらためて、新型のMacBookが出てきた理由がわかってきた気がする。

Remove all ads