Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

安倍晋三首相からのリクエスト

LinkedInというSNSに登録をしている。これはすべて実名で、主にビジネスを中心としたつながりを促進するものだ。学歴、職歴、資格はもちろん、さまざまな経歴や経験を記載する項目がある。なおかつ、それぞれの能力について他につながっている人からの裏書(endorsement)があるのも特徴だ。私についても英語での能力について数人のネイティブが裏書をしてくれているのが嬉しい。

 さて、このLikedInは新しく、自分もつながりたいとうリクエストがよく来る。どうしてなのか、銀行関連の人とか、医療関連の人から、そのリクエストがよく来るのだが、見知らぬ人からのリクエストはすべて断っている。そして、今朝、なんと安倍晋三首相からそのリクエストが届いた。もちろん、これは偽物だ。このようなSNSは他人の名を騙って、リンクを貼り、何かの犯罪に巻き込むパターンが多い。だから、見知らぬ人からのリクエストはすべて断っているのだ。

 それにしても安倍首相には笑った。一国の総理大臣がそんなSNSをやることも、やる必要もない。また本当に本人であったとしてもセキュイティの問題があり、在職中はそういう行為はするはずもない。

 よく美人の写真付きのリクエストが届くが、こういうものほど危ない。SNSで簡単に他人のリクエストを受け入れることには慎重になるべきだろう。