Android 携帯

 昨日出張から帰宅すると、先日衝動買いしたBluedotBNP-500Kが届いていた。早速セットアップをしようと思い立ち上げたら、なんとハードウェアテストみたいな画面になり、なんとも先に進めない。もう一度バッテリーを外して、スイッチを入れたら、起動した。いきなり返品か、交換かと危惧したもの、使えるようになったので安堵する。

 さて、あれやこれやとセットアップをする中でストレスだったのが文字入力。デフォルトで出ている文字入力はフリック入力のみ。私はこれが不得意なのだ。設定をあらかた終えたので、文字入力画面をなんとかQWERTYに変更しようと設定画面をみるが、わからない。Google先生に尋ねて、ようやく設定ができた。

 使い出してみるとiPhoneとの違いが良くわかる。もちろん、慣れの問題はあるが、やはりボタンが一つというiPhoneのシンプルさがいかに洗練されたものかがわかる。Androidは不慣れな私にはワンステップ必要になってしまうのだ。

 しかし、このAndroid携帯が8880円で買えてしまうのもまた驚きだ。iPhoneほどのエレガントさはないけれど、この格安さとそこそこに使える機能を考えるとこれは異なったベクトルで素晴らしい。高価なiPhoneでなくても、安価にスマホの便利さを教えてくれるということではAndroidの価値は高いと思う。

 何事も一つのものしか知らないと、そのものの善し悪しや価値を知ることができない。比較することで初めてわかることとなる。自分自身を知ることもこれと同じではないだろうか。様々な人と関わり、「自分だったら?」と比較することで自分自身を見つめ直すことができるのではないだろうか?

Remove all ads