Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

フォントの話

 BNP-500Kというスマホを8880円で購入した話を以前したが、これはいつも寝るときにサイトを見るときに使っている。いわゆる寝モバマシンだ。今までは毎日仕事で使うiPhone6を寝モバにも使っていたけれど、ケースとかカードが入っていて、結構重くなっていたので、軽量のBNP-500Kになってからは重さの負担はない。

 値段を考えればお買い得のBNP-500Kなのだが、どうしても我慢できないところが一つある。それはフォントだ。美しくない。これはハードではなく、androidそのものから来るところかもしれないのだが、日本語のフォントがSHARPのザウルスのようである。いや、ザウルスのほうがまだ綺麗だったと思う。フォントの美しさでスマホを選ぶ人はいないかもしれないが、iPhoneのフォントの美しさはやはり素晴らしいと再認識させられる。もちろん、慣れの問題もあるだろうけれど、AppleSteve Jobsがフォントの美しさにこだわっていたから、製品や会社のイベントに使う広告のろごにいたるまでフォントにはこだわるようだ。

 そこで、Androidでも日本語のフォントは入れ替えることができるか、調べてみた。どうやら、アプリを入れることでできそうだが、いろいろと面倒なようだ。チャレンジして、またここで報告しよう。フォントにこだわってしまうと、フォントうに気になってしまう。