流れを断つ

 結局、AppleWatchは返品してきた。心の中で一番期待していた、Keynoteのコントロールが私の使用環境ではうまくいかなかったというのが大きい。しかし、ふと考えてみると、私の使い方そのものが運気を変えてしまう可能性があったようにも思う。

 いつも私に持ち物などにアドバイスをいただく方がいるのだが、未来を刻む時計には気をつけよといつもおっしゃる。腕時計は手首を縛られ、その「時を刻むものにしばられる」ということから、腕時計の形やブランドに気をつけなければならないとのことであり、私もそのアドバイスに従っている。

 その方曰く、「AppleWatchだけはしてはしてはならぬ」と発表当時からアドバイスをいただいていた。私自身は購入するつもりもなかったし、購入しても時計として手首に巻くことなど考えてもいなかったので、このアドバイスは忘れていた。

 しかし…である。いざ、AppleWatchを手にすると、絶えず身に付けていたいから、革紐を取り付け、首から下げていた。考えてみれば首から下げていること自体、このAppleWatchに首根っこを抑えられていることになるわけで、まさに未来がしばられいたことになる。

 まあ、そういうことも考えて、今までの様々な流れを断ち切る意味でも、返品してきたし、今日がとても大切だからこそ、昨日のうちに返品をしてきた。

 

 今日こそ、悪い流れを断ち切り、いざ!

Remove all ads