Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

50代の今

 このところニュースでは同年代の人たちの訃報とか病気を目にすることが多くなった。年代として、様々な成人病やら、重大な病気になるリスクが大きくなるからなのかもしれない。自分でも人間50年と思いながら、50を過ぎたら、おまけの人生くらいに考えていたが、いざ、それを超えると吹っ切れるどころか、むしろ迷いの方が多くなったように思う。

 仕事でも様々な責任を負う立場になり、家庭でも経済的な負担が大きくなる中で踏ん張るべき時期にきて、肉体的にも精神的にも踏ん張りが利かなくなったと痛感し、やりたいと思うことが思うようにできないジレンマに陥り、焦りを感じてしまう。あの時にああすればよかったとか、こうすればよかったとかの後悔の念も湧き上がってくる。

 人生の折り返し点をとっくに過ぎて、いつゴールラインを迎えるかわからない今だからこそ、今できることを、なんとかやらなければならないはずだ。Carpe diemという自分の座右の銘をあらためて噛みしめる今日この頃である。

Remove all ads