雑草の強さ

 日曜日の夕方に少しだけ草むしりをした。ついこの間綺麗にしたと思ったのに、もう草が生えている。一本一本細く、簡単に抜けるものだが、集団になるとなかなか手強い。草も一気に生えるわけではなく、毎日の微細な変化の積み重ねで大きくなる。普段は気にしなくても、そこには確実に成長が刻まれているというわけだ。

 考えてみると、こういう草のように毎日すこしづづ、でも確実にというのは、自分でも頭の中ではわかってはいるものの、実行することはなかなか難しい。ある人は腕立て伏せ3回を365日続けることも難しいのだという。たった3回、でもそれを毎日休まずにすることがいかに大変なことか。確かに、私も起床後は読書することにしているが、たまには、「お休み」などと勝手な言い訳を作って、休むことがある。1行でも1ページでも目を通すことのようが、ある日の10ページよりもよっぽど意義深いはずだ。

 草を抜きつつ、草の強さを感じ、自分の生活も直さなくてはと反省する日曜日の日暮れであった。

Remove all ads