研究テーマ

 次の研究テーマは源氏物語の英訳の中に見られる和歌の比較をしようと思う。修士論文で取り扱って以来、源氏物語の英訳について比較研究をしてきたが、今回はそのなかでも和歌だけに絞ろうと思う。先行研究をしていたところ、すでに源氏物語の英訳について本も出ており、じっくりと読み、また和歌や短歌、俳句の英訳についても調べなければない。結果は来年の国際学会で発表できるように応募をしようと思っている。ここに記してしまった以上、頑張らなければいけない(苦笑)。

 もしかすると、私の疑問はすでに明らかなのかもしれないし、あるいはまだ解明されていないのかもしれない。少なくとも言語機能という観点から論じることで、何かしらの知的な貢献が出来たらと思う。一歩でもいい、前にすすみ、何かしら知的な世界に貢献できれば自分の活動の意義があるのだと思う。研究とはそういうものなのだろうと今更ながらに決意を新たにする。

Remove all ads