iPad Proへの期待2

ついにiPad Proが発売された。私の知人もすぐに購入して、facebookに使用感を報告していたが、確かに写真で見ると大きい。iPad miniを二つ並べた大きさのようだが、A4より少し大きい感じだろうか。重さは初代のiPadとさほど変わらないから、大きさと重量のバランスではきっと軽く感じることだろう。

 その知人にソフトウェアキーボードの使用感を尋ねたら、あまりいい評価ではなかった。ここに期待していたので、いささかがっかりしてしまったが、海外のユーザーの評価ではさほどでもない。やはり使用感は個人によって違うようだ。

 iPad Proの魅力はそのサイズそのものだと思う。A4サイズで書籍や雑誌、PDFが表示されるということはスクロールも拡大もせずに、一目で読めるということで、些細なことだけれど利便性は計り知れない。iPad miniでPDFかした書籍を読んだ時には、やはり辛かった。これなら、割り切って、iPhone6 plusでいいとさえ思う。iPad Air2の表示ならギリギリ読めるが、これもB5サイズの感覚。雑誌ではやはり、ちょっと辛いし、見開きは読めるサイズにならない。ソフトウェアキーボードのサイズはリアルなキーボードとほぼ同じサイズになるのが魅力的なのは以前にも書いた通りだ。

 さて、実機はどんなものなのだろう。この週末にでも、Apple storeへ触りに行こうか。