iPad Pro 入手

 このブログで何度となく触れてきたiPad Proだが、昨日入手した。実は数日前にApple Storee Onlineで注文をしていて、来週の中頃に届く予定だったのだが、まずは実機を触ろうと栄のアップルストアに行ったら在庫があり、そこで購入した。
 実は実機を触ろうと思った理由は二つある。一つは実際のサイズと重さのチェック。なんと言っても安い買い物ではないので、実機も見ずに購入するリスクは避けたい。いくら注文済みとはいえ、やはり確認はしたい。もう一つの目的はソフトウェアキーボードの使い勝手の確認だった。
   開店直後に行ったせいかアップルストアは混雑していることもなく、すぐにiPad Proに触ることができた。まずこのサイズを見て、意外に大きすぎるとは感じなかった。むしろ持ち上げてみて、そのサイズと重さのバランスに驚いた。「軽い!」見た目の大きさから期待する重さと実際の重さのギャップで軽いと言う感覚になる。素晴らしいバランスだ。
 次に最大の問題、ソフトウェアキーボードだ。実際に入力をしてみる。やはり大きさのメリットから打ちやすい、ブラインドタッチが快適にできるというものではないが、指の動きにキーが追随して入力ができるという感覚にさせてくれる。しかし、それよりも「惚れてまうやろ~!」と思わず唸ったのはApple Pencilの使い心地だった、これを使うと手書きがスムーズで、まさに鉛筆だ。はじめてiPadが本物のノートなる、そういう実感を感じさせてくれた。
  をういうわけで、ほぼ一目惚れ状態となり、購入手続きを行い、Online Storeの注文はキャンセルした、帰宅後に家で、じっくり使ってみると、新しい発見があった。それは、やはりサイズのもたらすアドバンテージである。電子書籍、特に雑誌は実物大しの感覚で、拡大をしなくても記事が読めるのが嬉しい。また自炊したPDF書籍も実物大から、拡大サイズとなって、読みやすい。これはビューワーとしては決定版と言えるサイズだと思う。
  しかし、いいところばかりではない。期待したソフトウェアキーボードを使っていきながらわかったのだが、手首の一部がキーに触れてミスタイプの原因となる。手を浮かせるようにキーに触れ萎えければならないというのは、iPadの使い方のコツとなるのかもしれない。それでも従来のソフトウェアキーボードに比べれば遥かに入力しやすいというのは評価できる。純正で外付けキーボードも発売されたが、入手するには一ヶ月かかるらしい。それではこのソフトウェアキーボードを極めたい。あるいは、二週間以内に、もっと決定的な不満が生じるようなら、返品という選択肢もあると思っている。
f:id:msasaki0418:20151115065910j:image
Remove all ads