英語の文章を作るならiPad

 仕事柄英文の入力をすることが多い。英語を入力するにしても日本語を入力するにしても、キーボードの打ちやすさでは普通のパソコンか、あるいはハードウェアキーボードがいいということになるだろうが、iPadのソフトウェアキーボードもなかなかやるのである。むしろ、英文ならiPadの方がMacで入力するよりも快適かもしれない。それは、入力時のミスタイプを認識して、自動的に正しい単語に
修正して入力してくれるからだ。日本語でも修正をしてくれるのだろうが英語での修正の精度は高い。さらに、自動的に文頭の大文字はしてくれるし、スペースを二度打てば、ピリオドも自動的に入力される。日本語にもこの機能が欲しいところだ。
  国際学会で知人のアメリカ人がiPadでハードウェアキーボードを使わずにかなりも速度で入力しているところを見たが、この機能の恩恵に預かっているからだろう。ソフトウェアキーボードを使うほどに、iPad Proのサイズ感がありがたく感じてくる。