Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

iPad Proにペンホルダーを付ける

 いよいよiPad Proのカスタマイズも仕上げとなった。Apple Pencilを取り付けるホルダーをつけたのだ。ゴム製のバンドでルドするタイプなのでしっかりと固定されるので、Apple Pencilにはクリップを取り付ける必要もない。横ではなくて、頭の方につけたのは、横にしてタイピングするときに邪魔になるからだ。

f:id:msasaki0418:20151212172441j:image

ホルダーは両面テープで固定するタイプのもので500円くらいだった。これでノートとしてのiPad Proは完成だと思う。あとは日常の業務にどれくらい活用するかだ。
f:id:msasaki0418:20151212172454j:image
 不思議とiPad Proを毎日カバンの中に入れて持ち運ぶことは苦にはならない。気軽に取り出すものではないが、研究室ば、机の上に置きっぱなしにして、いつでも使えるようにしている。印刷業務以外では、iMacを使わなくてもおおよそのことができてしまう。特に学生との面談や打ち合わせのときには、手書きでメモをするので、このスムーズな手書きはありがたい。ソニーの電子ノートも試して使っていたけれど、反応の良さとか、カラーを使い分けできるという利点はこちらがある。ただし軽さでは圧倒的にソニーだけれど。
  Apple pEncilと言えば、金曜日の会議のときに使おうと思ったら、反応しない。どうやら何日も充電をしていなかったので、バッテリーが上がっていたらしい。Apple Pencilの充電具合とかバッテリーの残量がわからないので、どうすれば良いんだと思い調べたら、なんのことはない。iPad Proのコントロールセンターでわかるとのこと。早速試してみたら、なるほど、あっというまにわかる。これで安心してと生活に入れるようだ。