Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

3000円でスマホを買う

 海外出張の時に頭が痛いのはどうやって連絡方法を確保するかだ。数年前まではネットで購入した海外専用の携帯電話を持ち歩いていたが、昨年からはSIMフリーのiPhoneを使っている。iPadならキャリアー版でも海外で使う場合にはSIMフリーとなるので、使い勝手も良い。今年はさらにBluedotの8800円のアンドロイドスマホを購入して、ドイツや香港で使用した。このBluedotBNP-500は値段の割にはそこそこの性能でまあ満足していたのだが、アンドロイドのバージョンが古いのとLTEに対応していないこと、さらに5インチ液晶でポケットに入れて使うにはいささか大きすぎるのが不満だった。
  そこで何かほかにないかとさがしていたら、freetelよりpriori3が発売された。もともとkpの前の機種のprioriも、priori2のそこそこの性能だとネットでは評判だった。値段も13000円くらいだし、おもちゃだと思えばいい。そこで購入を決めたのだが、ふと、その時に思い立ったのが使っていないマイレージだった。ANAマイレージならedyに交換できる。そこで1万円分のポイントをedyに交換して、実質3000円ちょっとで、priori3を入手したというわけ。
  うまくいくと今年はインドネシアに行くことになり、高価なiPhoneを公衆の面前で使うことは安全上の問題も引き起こす。そこで安価で使いやすいAndroidスマホを探していたので、いい買い物ができたと思う。SIMはfreetelのものをすでに購入していたで、これを使えば月々の通信料は300円から500円くらいになるはず。しばらくはこれをポケットに忍ばせて、遊んでみようと思う。
f:id:msasaki0418:20151222070907j:image