iPad mini4はどうなんだ?

 Apple PencilとiPad Proの手書きの心地よさを感じれば感じるほど、これがiPad miniで実現すればいいのにという願望が強くなる。iPad Prohqノートしては秀逸で、手書きもできればタイプもできる万能選手だ。言わばエースピッチャーで4番打者のよう。ところが、4番打者を揃えたからといって勝てないのと同じように、ガジェットでも小回りのきく機材が欲しい時もある。手書きでストレスのない性能があり、手帳サイズならばいつでも持ち歩ける。よっこらしょっと気合を入れて手に持つ必要もない。
  この数日、iPad mini手書き環境はどうなのだろうとあれこれ調べている。もちろん、Apple Pencilは対応していないので、方法は二つしかない。iPad miniApple Pencilに対応するのを待つか、あるいは他にスタイラスで使い心地がいいものを探すかだ。今までにもSu-penを3本使ってきたし、Jot-Scriptを3本使ってきたけれど、満足できなかった。今はさらに進歩していて、それぞれの最新モデルではペン先も細くなり、使い勝手は上がっているようだが、Apple Pencilのスムーズな反応を知ってしまうと、他のペンに満足できるかが不安になる。とはいえ、手帳サイズも欲しい。シャープの電子ノートったこともあるけれど、視認性が悪くて、使わなくなった。しばらくは、ネットを見ながら悶々とする日々が続きそうだ。