Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

メガネを変える

 今使っているメガネが傷だらけで、フレームも壊れつつあるので、メガネを変えることにした。今日、メガネ屋に行ってあれこれフレームやらレンズを選び、なんとか決めた。今回は今までのセルフレームをやめて、思い切ってチタンにしてみた。それもかなり細い。今までのガラスレンズからプラスチックレンズにして、ほとんどフレームも見えない。出来上がるのは来週だ。
  ところがこの話を家族にすると不評なのだ。どうもそれは似合わないだろうとのこと。実際にできたものをかけてみないとわかってもらえないだろうけれど、どうも顔の印象が変わるのはいかがかということらしい。確かに自分の顔というものは自分のものではあるが、自分では見ることもできず、言ってみれば他人が自分を認識するための記号なので、他人が認識できなくなると困るかもしれない。印象も変わってしまうのも良くないのかもしれない。
  もっとも、顔というのは慣れの問題でもあるはず。最初は戸惑うかもしれないけれど、きっと周囲は数日で慣れるんじゃないだろうか。そもそも他人はそれほど自分の顔に注意を向けていたりはしないんじゃないかとも思う。ともあれ、来週からは顔が変わる(笑)。