1日1捨

  このところ断捨離とかミニマリストのブログなどをあちこち覗いている。あちこち見てみると共通するのは持ちすぎないことと、自分にとって必要なものを見抜いて厳選することらしい。中にはカバン一つに持ち物を集約することが理想のようの書いているところもあるが、それこそ、大切な物まで処分する必要はない。
  とはいえ、勉強になることも多々ある。1日1捨というのもその一つ。何かを捨てることは目的ではないけれど、持ち物をスッキリさせるにはいい習慣だと思う。これには掃除も含まれるし、物理的なものでなくても不必要なデータを捨ててもいい。このところ、引き出しの中や納戸の中などで自分の持ち物で不必要なものを売ったり、捨ててきたけれど、この数日全く困らないし、きっと今後も困ることはないだろう。30年前にイギリスで買った大量の絵葉書も結局使わずじまいだったし、かといって見るわけでもなかった。引き出しの中の大量のクリップも同じだ。使わずにとっておいても、結局錆び付いていただけだった。今は引き出しの中もすっかり物がなくなり、何かを探すても手間も要らない。すぐに見つかるからだ(笑)。
   今度のターゲットは洗面台の棚になる。ホテルでいつかは使うかと思って持ってきた無料の櫛やら歯ブラシやらが大量にある。結局これらも使わずにゴミと化している。次回からはホテルからこういうものを持ってくることもやめようと思う。
Remove all ads