iPadの有線接続

  週末から1週間出張に出る。国内だが、都会ではないので、念のためホテルにネットの環境を問い合わせると無線LANはないという。あるのは有線だけとのこと。はて、出張には、iPad Proだけを持って行くつもりだったので、有線となると急遽機材をMacBookに切り替えなければならないか。しかしその場合でもUSBハブとUSB接続のLANアダプターを持って行く必要もあるし、MacBookだとタブレット的に書籍を読むのも出来ないし、不便だ。
  そこで、納戸に入り、今までのモバイルガジェットのガラクタを探っていたら、以前に購入したポケット WIFIルーターが出てきた。これは、ホテルなどの優先につなぎ、自分で無線のルーターになってくれるというもので、10gほどで、電源はUSBから取るので、電源がiPadの充電器と共用できるのも都合がいい。早速、自宅のAirMacの優先ポートにケーブルで接続してみる。電源は持って行く予定のAnkerの充電器だ。接続したあとに、ちょっと時間をおいて、iPadで認識をした。これで成功だ。
  iPadを有線で接続となるとUSBハブを使う方法もネットにいくつか参考例が載っている。まあ、そこまでiPadにこだわらなくてもと、思うのだが、一方で、どこまでできるんだろうかっていう探究心を極めるのも楽しい。ガジェットの面白みは、こういうところにあるのかもしれない。