Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ラジオ出演

 先日、久米島に到着した日に、商工会議所の会長さんに食事会に招待された時にFM久米島の方ともお話をすることができた。話も弾み、それでは、滞在中になって番組に出てくださいと言われ、こちらもお酒の力もあり、「はい。私でよければ」とお返事をして、水曜日の11時でいきましょうという話になった。

 9日の水曜日になった。しかし、FM久米島の方からは何の連絡もない。10時過ぎになっても連絡もなく、「番組出演の話は、冗談だったかな?」と思っていた。ところが、10日になってから、こちらのスタッフに連絡が入り、どうも放送局の人は私がその時間になっても来ないので、おかしいとおもっていたらしいとのこと。こちらは、連絡があると思い込み、向こうは了解して、当日放送局にくるだろうというお互いの思い込みとなっていたのだ。そこであらためて、スケジュールを設定し、本日9時からの番組に出演することとなった。
 放送局と言っても地元のコミュニティーFM局で小さな部屋で行ってた。ちょうど中学高校の放送室の感覚に近いか、もしかするとそれよりも小さな感じだ。放送15分前にスタジオにはいり、DJのかたと簡単な打ち合わせをする。最後には私のリクエスト曲で終わるとのことなので、幾つかの候補から、カーペンターズのWe've only just begunを選んだ。
  そして放送。愛知学院大学硬式野球部長として自己紹介し、チームの話、練習の話をした後に、私個人の久米島での印象や発見ということから、このブログでも書いたコーヒーシャープの話をし、最後は今シーズンの意気込みを語り、久米島の方々へのメッセージということで終わった。出演時間は15分程度だったが、目の間がマイクだけで、人がいないというのはどうも話ずらい。インターネットで放送を聞いた家族から、硬かったよとメッセージが入り、そうだったろうなと思う。25年前ほど前に、新聞の広告に載ったことがあるので、残るメディアはテレビだけだ(笑)。
 
 
Remove all ads