Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ミスキャサリンって…

 先日テレビドラマで探偵キャサリン云々というのを見た。アメリカ副大統領のお嬢さんが探偵よろしく事件を解決していくという山村美沙シリーズのテレビだ。内容はとても面白くて、シャーロット・ケイト・フォックスさんの演技も日本語も素晴らしいと思う。

 だからこそ、残念なのはセリフの中でたびたび出てくるミス・キャサリンというセリフだ。役名はキャサリンターナーなのだから、ミス・ターナーとならなければならない。キャサリンを使いたければ、キャサリンというか、キャサリンさんと言ってほしい。日本の外務大臣さえミス・キャサリンというのは勘弁してほしいなぁ。いくらドラマでも。こういうところは、脚本家はあえて狙ってそうしているのだろうか?つまらないことかもしれないけれど、どうしても仕事上そこが気になって仕方がない。