作り手の見える店

 たまに家族と外食をしたり、あるいは一人でお昼ご飯で外食をすることがある。回転寿しのチェーン店だって、美味しい店があり、日本そばのチェーン店にもよく行く。確かにチェーン店はどこで食べても味もメニューもわかっている安心感はある。

 でも、そうは言ってもできれば作り手の見える店がいい。特に一人飯の時には、家族の好き嫌いを考えずにいいので、ディープな場所にも行ける。お気に入りはよく息子と二人でいく近所の中華だ。台湾の家族が経営しているらしく、そこで食べるラーメンは日本的あっさりどころか八角の香りが漂う異国情緒あふれる味。美味しい!って声を上げる感じはないけれど、どことなく安心感がある。もう一つお気に入りはきしめん屋さんだ。ここはグルメ雑誌で取り上げられること多数。毎日昼時には行列ができているのだが、ここは朝、店の前を通るとダシの香りがぷ〜んと漂い、食欲をそそる。作り手の顔が良く見えるお店だ。

 もう一つお気に入りは、家族でも同僚とも行く焼き鳥屋。一本一本焼きあがったものから出してくれて、熱々をいつでも頬ばれる。目の前の炭火で焼く様子は心も踊って嬉しい。最近は大名古屋ビルヂングにも支店が出たらしい。人間死ぬまでに食べる食事の回数は決まっているもの。できればその回数を満たすように美味しいものとか、高いものとかではなく、作り手の顔が見えるものを食べたい。その中でも最高なのは、もちろん家族に作ってもらう食事だ。