ヘビロテ

 数年前までヘビーローテーションなんて言葉は知らなかった。なんでもDJからファッション業界へと伝播して、「繰り返し使われるもの」として使われているらしい。そういういみでは、iPad Pro(9.7 インチ)がまさにヘビロテになっている。以前に使っていたiPad Pro (12.9 インチ)も素晴らしいモデルだったが、どうしても毎日のカバンの中に入れて持ち歩くには負担が大きく、たとえ入れていてもすぐに取り出すことができないので、胸ポケットのiPhone 6sに頼ることが多かった。

 ところが9.7インチ版にしたら、片手で持ち歩ける気安さで、7コマ担当中の5コマで、必ず使うまでになった。軽いので、それを今日室内で持ち歩き、Apple TV経由で表示するPDFファイルに直接Apple Pencilで書き込みを入れながら解説をしている。もちろん、英語教材の音声もiPad Proから流す。

 講義科目でスライド表示を主にしている授業ではiPhone SEをつかっている。しかしこれも最近sotechiのリモコンを購入したので、iPad ProをAVコンソールにHDMIケーブルで接続して、手元でリモコンを使えば、iPad Proで行えるので、7コマ中6コマがiPad Proの使用となる。

 研究活動でも辞書の活用、コンピュータで文書作成時の資料参照、電子書籍の購読など、本当に毎日便利に活用している。iPadは初代からほぼすべての機種を使ってきたあ、ここまで利用頻度が高かったものはない。これもすべてApple Pencilによって手書きが快適になったせいだ。たった一本のペンかもしれないが、これが全てを変えるきっかけになる。

Remove all ads